2017年05月03日

マッサージ香港

香港マッサージ

展示会で歩き過ぎて、どうしても、足マッサージがしたくてたまらなくて、マッサージ店へ、

ガイドブックにぼったくりが多いとあったので、呼び込みのチラシでは50分98香港ドルでの店は無視をし、少し雰囲気のある高めの店へ、受付で、50分185ドルで、チップ10ドルから20ドルと言われ、部屋へ案内されると、口の達者なおばさんが、75分?とか、確認、アレッ内線で連絡してたはず??
IMG_2523.JPG
なので50分、フットマッサージオンリーと言って、マッサージがスタート、マッサージは簡単(余り上手では無く)に終わり、会計へ、チップ込み200ドル渡して帰ろうとすると、チップが少ないと文句を言われる始末、
受付には知らぬ間に、戦略なのか、三、四人のマッサージ師が整列し立っている。
チョット威圧感(≧∀≦)

IMG_2400.JPG
なので、プラス20ドル、20ドルと言われ、「気持ち、気持ち」と言って、喰い下がれるのを振り切り、店を出てきました。
英語はカタコトしか話せなく、大阪弁で(^ ^)(^ ^)

多分、ガイドブックにあったのは、こんな感じで言われるままに支払うのかなぁ〜と
英語がかたことではチョットヤバイ(^ ^)
きちんと値段が書いている店で確認しましょう(^ ^)
posted by クタクタクマ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二階建てバスで大失敗

二階建てバス

展示会も5時で終わり、食事終了後、少しの時間に夜景を見に行くことに、尖沙咀天星埠頭へ、2階建てバスに乗る。
IMG_2421.JPG
支払い方法は分からず、見たらH$4.5と運転席横の料金入れに書いてあったので、前の乗客に続いて、とりあえず乗り込む、2階建てバスの一番前に座り、景色を見ると圧巻です。
尖沙咀天星碼頭に着いて、下り際に幾らですか?と、拙い英語で言うと、すると、ノーノーとか、え、無料??
とにかく、ラッキーなのか??のまま(^ ^)降りる。

あとで調べると、前払いで支払うか、前以て、オクトパスカードを買って支払う。らしいのです。

今から思うに、前の乗客がオクトパスを使ったので、同行者と勘違いされ、支払いカウントされたのかも〜〜それなら、悪いことしたな〜と反省。
IMG_2549.JPG
下りると、そこは、眼を見張る、百万ドルの夜景が広がって、観光客、恋人で沢山の人出で賑わってました。
IMG_2540.JPG
昔、観光旅行で山頂から見た景色より、素晴らしいと思いましました。
posted by クタクタクマ at 04:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

香港空港から広州の行き方

関西から広州へ行く方法

関西から広州へは直行便、香港経由で、香港から広州へなど色々ありますが、時間的にも、コスト的にも安価に行くには、香港空港から広州へ列車で行くのが良い方法です。

私は香港へは四回ほど行ったことがありますが、英語もカタコトで全くなんで、もちろん中国語も分かりません。不安ながらに行って見ました。

ここでは
香港の空港から红磡駅
红磡から広州東駅への行き方をご案内します。
o1133078713926050017.jpg

香港の空港到着出口で、出口すぐ横のエアポートエクスプレスのチケット売場で、九龍までのチケットを購入75香港ドル(1ドルが約15円)
o1920108013926059411.jpg
エアポートエクスプレスで、25分位で九龍へ到着。
B出口へ向かいます。
o1920108013926058425.jpg
駅を下りて、K1のバス乗り場へ
o1920108013926058751.jpg
九龍から红磡駅までは無料バスで
o1920108013926077874.jpg
15分から20分位です。

红磡駅に着いたら、チケット売場を探します。
現在工事中なので、新しくなると変わってる可能性があります。
o1920108013926078305.jpg
チケットを買う場合:
「広州東駅まで、特別席一枚、一番早く着く列車のチケットを下さい。
中国語で中国の友人に書いてもらった
「我要一张一等座火车票,去广州东站,现在开始最早发车的一班」
を見せて、210香港ドルで
o1080070213926050985.jpg
チケットを買い、直ぐ側の入り口へ、


セキュリティチェック、イミグレーション(ここで香港空港でのイミグレ控えを取られる)を通り、待合室へ。

チケットの列車番号を確認し待ちます。
時間になると地下の列車ホームへ案内されます。

駅構内は、現在工事中で新しくなると変わるかもしれないです。

号車と座席番号を確認して、乗車すると、中国への入出境表(香港までの機内でもらっても良い)を渡してくれるので、記入して置く。

列車内で、ミネラルウォーターを頼むと、何とレモン水(35Hドルと高い)にビックリ(^ ^)
o1920108013926062020.jpg
約2時間で広州東駅へ、
o1787108013926061491.jpg
広州東駅でイミグレーションを通り、出口へと、結構簡単で、案ずるより産むが易しでした。

皆さんも試して下さい。
参考になると嬉しいです。
posted by クタクタクマ at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする