2015年05月07日

報告するという行動は、 仕事の質を高め、仕事のスピードを早める

独創的な仕事を考える


土光敏光氏の言葉より想いだす言葉がある。

「自信があれば、悪いことでもむしろ積極的に報告し
助言を求めるはずである。

だから、よく報告するという行動は、
仕事の質を高め、仕事のスピードを早め、

成果をあげることに通じるのである。

能力は必要な条件ではあっても、十分な条件ではない。

その条件を僕は執念と呼びたい。」


「仕事に困難や失敗はつきものだ。

そのようなときに、困難に敢然と挑戦し、失敗に屈せず、

再起させるものが執念である。

およそ独創的な仕事といえるものは執念の産物であることが多い。

できないのは能力の限界だからではない。

執念が欠如しているのだ 。

失敗は終わりではない。

それを追求していくことによって、はじめて失敗に価値が出てくる。

失敗は諦めたときに失敗になるのだ。 」


最近、職場で、報告のニュアンスが違い、嘘ではないのだが、

後で問題になるケースがある。

まじめで正直な人間なのになぜなのだろうかと思う時がある。


多分、自分の仕事に自信が無いのかもしれない。

失敗しても、成功するまで続ける執念があれば成功につながる。

このことを頭に刻み込んで欲しいものである。

そうすれば、報告を自信を持って出来るはずである。


ビジネスの社会でも同じで諦めたら終わり、執念を持ち、

成功すると確信をして続けることで良い結果が生まれると私は信じている。



こんな便利なシステムがあったんだ
クラウド型のPOSシステム

abcs1.jpg
abcs2.jpg
abcs3.jpg
abcs4.jpg
abcs5.jpg

posted by クタクタクマ at 14:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする