2014年08月14日

消費増税の影響は異常事態発生か?

昨夜のテレビで、びっくりしましたね。

消費増税後の消費の落ち込み、異常事態ですよね。

今までの報道では、増税後の影響はないとの報道で有りましたが〜??

何故か、コメンテーターはこの数字を見ても、確実に良くなっていますと〜
10577113_520273991406124_8863681951778035186_n.jpgo.jpg
???ですよね。^_^

とにかく、回復を祈りたいですね。

長崎ちゃんぽんで有名なリンガーハットの強さの秘密を紹介します。


リーマンショックの後、分裂の危機にあったリンガーハットを前社長の米濱社長に復帰依頼して、業績をV字回復させた。


その秘密は赤字店舗50店舗閉鎖し、国産野菜を取り入れ100円の値上げと内部強化(機械化で味の均一化)をしたことだと話されていた。


一般的にリーマンショック以後、飲食業界はディスカウントが続いているが、一番のヒントは、勇気が要ることであるが、その時期に逆発想の100円アップの考想をし、その為に健康をキーワードに農家との連携を模索し、農家へ理解を求め、生産者との距離を縮める。


なぜ、安売り競争をしなかったかの質問に対し、「ディスカントすることでプライドを失う。既存商品の値下げは顧客のプライドが持てない」ここに秘密がある。


私たちの専門店経営でも学びたい。現在、消費不況が続き、深刻な経済状況下である。


東日本大震災後のライフスタイルの変化、例えば、外食をしないで家で食事する家庭が増えている。

 また、高齢化による消費の変化、スマホ、携帯の普及での家計での支出割合の変化などで、ビジネスで大きな決断を迫られている。

でも、私は「ピンチの時こそ、チャンスが生まれる。」この言葉を強く意識して、知恵を出し、この消費不況を乗り切らねばならない。


その為のヒントをリンガハットの米濱社長は提言してくれているのではと思う。
posted by クタクタクマ at 10:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする